工法・仕様!上越市で木の家づくりのご相談ならカネコ木材建設へ

メニューを開く

メガメニュー を開く

このページの先頭にもどる

メガメニュー を閉じる

After service 保証・アフターサービス 万全の保証とアフターフォローで10年後も、20年後も安心して生活していただけるように

After service 保証・アフターサービス 万全の保証とアフターフォローで10年後も、20年後も安心して生活していただけるように

Spec/01 地震に強い頑丈な工法

木造軸組工法と耐震・耐久への工夫

Strong method against earthquakes

木造軸組工法とは

木造軸組工法は柱と梁を組み合わせてつくるシンプルな構造の工法です。日本で広く採用されている工法で、四季のある日本の風土に順応できるように考えられた伝統的な家づくりの方法です。

木造って地震に弱そう・・・?

いえいえ、そんなことは
ございません!

木造軸組工法は仕口や継手といった接合部分を金物などで補強し、壁を強固にしております。
鉄骨造や鉄筋コンクリート造などの建物と比較しても重さが軽い為、
構造を支える壁がバランス良く配置されていれば建物を揺れからしっかりと守ってくれます。

地震に耐えうる木の強さ
曲げ強度の比較 木は鉄の約15倍 木はコンクリートの約45倍 引っ張り強度の比較 木は鉄の約4倍 木はコンクリートの約200倍

同じ重量の木材と鉄やコンクリートを比較すると、引っ張り強度では木材は鉄の4倍、コンクリートの200倍もありますし、圧縮強度については、木は鉄の2倍、コンクリートの95倍。また曲げ強度についても木は、鉄やコンクリートよりもはるかに強いのです。

木造住宅は被害が少ない

世界最古の木造建築法隆寺は実に1300年以上もその姿を守っており、
耐震設計のお手本といわれています。

阪神淡路大震災の際に崩壊したのは、建築基準法が改正される前の非常に古い建物で、1981年5月に建築基準法が改正されてから建てた木造住宅は被害が少なかったと言われていますし、阪神淡路大震災以降、さらに法が厳しくなっております。

現行の建築基準法を守っていれば木造でも地震に強い建物ですし、基準法を守っていなければどの工法で建てても地震に弱い建物になってしまうことでしょう。

耐震と耐久への工夫
  • 01

    地盤改良

    建築物を建てる前に土地調査を行います。
    調査の結果により支持盤まで(4~6m)φ600の柱状改良を施します。これにより基礎のヒビ割れなどの不同沈下を防ぎます。

  • 02

    基礎

    鉄筋はもちろん、第三者検査機関の合格基準を満たす、安心の基礎です。

  • 03

    全棟基礎内部コンクリート打ち

    基礎内部にコンクリートを打つことによって、地面からの湿気を防ぎます。
    これにより、木材の乾燥状態をキープし、腐食からお家を守ります。

  • 04

    柱と土台に桧を採用

    建物を支える重要な土台と柱。家が完成してからは見えない場所なので湿気と害虫による朽廃も見つけづらい部分です。
    桧は湿気に強く、また害虫にも強い性質を持ちあわせている為、カネコ木材では柱と土台に桧を採用しています。

  • 05

    接合部分補強金物

    地震による建物倒壊を防ぐため、通柱を基礎と金物(公庫仕様のもの)でつないであります。
    接合部を金物で固定することによって、地震などで柱が外れて建物が倒壊する事を防ぎます。

  • 06

    地盤保証と住宅性能保証

    建物を支える重要な地盤。
    適切な改良によって改良後10年の地盤保証をいたします。
    また住宅性能保証登録業者ですので、建物についてもお引渡し後10年間の瑕疵保証をいたします。

Spec/02 上越エリアに最適な仕様。

より快適でより過ごしやすい住まいに

Strong method against earthquakes

01.天然木・無垢材の床板新潟で過ごすならやっぱり木の家

寒い冬でも床がさらっとしていて温かさを感じます。

  • 01

    夏と冬で温度を調節してくれる木

    天然木には調湿効果があるので、湿気の多い夏にはその湿気を吸ってくれますし、乾燥しがちな冬には湿気を吐き、室内を適度な湿度に保ってくれます。

  • 02

    夏涼しくて冬暖かい

    また、木は熱伝導率(熱の伝わりやすさ)が低く、季節によって温度を左右されることが少ないので夏涼しくて冬暖かい住まいを実現できます。

  • 03

    リラックス効果

    木目をながめるだけでアルファ波の数値が上がるといわれています。また、そこで暮らす人にも安らぎを与えてくれます。

02.木質繊維の断熱材。
セルロースファイバー。

新潟で暮らすならやっぱり断熱材は欠かせない

セルロースファイバーは、木と同様に熱を伝えにくい性質をもち、この性質が断熱の役割を果たしています。
家一棟を隙間なく囲うので熱が逃げにくく、夏には外部の熱をシャットアウトしてくれます。

03.家族の健康を守る
安全性の高い壁紙

家族が住む場所だからこそ安全に

壁はご家族が生活する住空間において大きな面積を占めます。
その壁に張られる壁紙にもし、ご家族の健康を損なうような物質が含まれていたら・・・と思うととても恐ろしいですね。

安全基準を満たしたものを

カネコ木材建設では内装材について、環境と健康に充分な配慮が為された壁装材料協会認定品のみを使用しています。

04.冬の寒さ対策に
欠かせないペアガラス

断熱材に細心の注意を払った家づくりが必要です。

冬場の寒さが厳しい上越エリアでは、断熱材に細心の注意を払った家づくりが必要です。
実は窓はとても外部の熱を伝えやすい部分なのですが、カネコ木材建設では、断熱性能の高い“ペアガラス”を使用することで安心の寒さ対策を行っています。
また、冬場だけでなく夏場の暑さ対策にも同様に効果を発揮する優れものです。

Best plan

私たちカネコ木材建設はお客様のご要望を第一優先にし
お客様の将来を見据え、
ベストなプランをご提案させていただきます。

OTHER CONTENTS

住めばもっと好きなる!カネコ木材の家の秘密

  • ライフプランニング リンクバナー
  • 素材 リンクバナー
  • 保証・アフターサービス リンクバナー
  • 新築施工事例 リンクバナー

ページの先頭へ戻る